手術室・CT・MRI完備の札幌脊椎内視鏡・整形外科クリニック

local_phone 代表電話番号 011-776-6670

当クリニックは予約制です。ご予約はお電話にて承っております。

リハビリテーション科

経験豊富な理学療法士や柔道整復師が患者様一人一人にしっかり向き合い、痛みの原因を特定し医学的に根拠のある治療を選択します。ホームエクササイズを中心に、痛みの出ない身体作りを目指すお手伝いをさせていただきます。

対象

  1. 痛みや痺れのある方。
  2. 姿勢や歩きが気になる方。
  3. スポーツや転倒などでの怪我。
  4. 手術後の痛みや不安がある方。(他院での手術後も可)

治療内容

徒手療法

身体機能を検査しストレッチ、筋膜リリース、モビライゼーションなどで問題となる筋肉や関節の硬さをほぐして、姿勢の改善や腰部への過度な負担を軽減することで症状の軽減・改善を図ります。
特に股関節周囲筋の柔軟性が重要となりますが、人により柔軟性の向上が必要となる筋は違うのでどこが必要となるか検査して判断します。

運動療法

筋力増強:関節の安定性を改善し、過剰な筋の負担を軽減し、症状の改善を図ります。
柔軟性向上:姿勢の改善や腰部への過度な負担を軽減することで症状の改善を図ります。
バランス能力向上: 安定した動きを獲得し、転倒の予防や症状の改善を図ります。
活動量増加:体力が向上する事や、血流量が増加し、脳科学的に痛みやストレスを軽減することが期待できます。
ホームエクササイズ指導:通院しなくても家庭でも必要な運動を行えるように指導させていただきます。

動作指導

問題となる動作を特定し、立ち上がる、座る、歩き、床に移るなどの動作を修正し身体にかかる負担の少ない動作になる様に指導させていただきます。
大きな鏡や動画で撮影しチェックして改善を図ることができます。

物理療法 器具紹介

電気刺激装置

カイネタイザー

 

多彩なモードを一台に搭載した先端の治療器です

  1. 低周波治療
    疲労回復、血行改善、神経痛・筋肉痛の緩解、筋肉のコリをほぐす効果があります。
  2. バースト
    主に筋力トレーニングに適した電流です。精神的な負担や心肺機能への負荷がなく、骨・腱へのストレスも低いため、安全に高負荷のトレーニングが出来ます。
  3. 微弱電流治療
    筋肉に電気刺激を与えて、ケガや痛みの治療に効果を発揮します。電気の刺激が苦手な人でも使用できることが特徴です。
  4. 高電圧治療
    筋肉の奥深くの痛みやコリを治療する事に適した治療法です。
  5. 温熱療法(ホットパック)
    鎮痛作用、組織代謝の亢進、血流の増大、軟部組織の伸張性増大などの効果があります。
LUXAIR

4種類のマッサージモードで症状に合わせた治療を行います。

効果
  • 血行促進
  • 疲労回復
  • 筋肉の疲れ、こりをほぐす
  • 神経痛、筋肉痛の緩解などが期待できます。

温熱療法(ホットパック)

ハイドロ リハ室写真

オオサキメディカル ホットパックL

機械で80度に温められたホットパックをタオルに包み、患部を温めます。
疼痛軽減、血流の改善、組織代謝の亢進、筋肉を柔らかくするなどの効果があります。
(写真のように電気刺激装置と合わせて行う場合もあります)

 

 

 

入院中のリハビリテーション

早期家庭復帰・社会復帰を目指します。

  1. 術後活動量低下を予防し血栓予防や、体力の維持・改善を図ります。
  2. 術後下肢痛や痺れがある場合は症状の軽減を図ります。
  3. 再発の予防:術前に腰痛や下肢痛が出現する原因となった、柔軟性低下や筋力低下による脊椎の安定性の低下、不良姿勢などを改善し再発の予防を図ります。
  4. 負担の多い動作や注意が必要な動作、負担を軽くする為の動作など説明させていただきます。
  5. 退院前には、個人個人に必要となる運動内容を、パンフレットを使用し説明させていただき、退院後ご自身でホームエクササイズを行えるようサポートさせていただきます。
  6. 基本的には退院後、リハビリテーションだけの通院は必要ありません。
    定期検診の際に、身体状態のチェックや運動内容の修正など行います。

※リハビリテーションを始めるには医師の診察が必要になります。

スタッフ紹介

高橋 紘祐

理学療法士

田中 努 

柔道整復師 

上杉 一馬

理学療法士

arrow_upward ページの先頭へ